モバイルサイト

こちらのQRコードから携帯用ホームページのリンクが取得できます。
外出先から当院へアクセスする際にぜひご利用ください。

コラム

花粉症

(2011年03月03日)

発症の仕組みは体が花粉を異物と認識しIgE抗体がつくられる。その抗体は鼻の粘膜や結膜に存在する肥満細胞と結合します。結合した状態で再び花粉が入ると花粉を排除しようと肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。化学伝達物質は知覚神経や分泌腺、血管を刺激するためくしゃみや鼻水、鼻ズマリなどの症状があらわれます。