モバイルサイト

こちらのQRコードから携帯用ホームページのリンクが取得できます。
外出先から当院へアクセスする際にぜひご利用ください。

コラム

小児の食育

(2011年08月29日)

0から12歳は歯やお口の成長とともに咬み方、飲み方、味わい方などの食べ方も発達していくため発達状況にあわせた食べ物や水分摂取にかんする知識やおいしく食べるための食習慣の育成が大切になります。この時期生活リズムが形成される次期でありこの時期に食べ方を身につけることは成人以降の食生活に影響を与え肥満や生活習慣病予防にもつながります。