モバイルサイト

こちらのQRコードから携帯用ホームページのリンクが取得できます。
外出先から当院へアクセスする際にぜひご利用ください。

コラム

食事のとり方

(2011年12月06日)

肥満というと食べ過ぎ運動不足によるカロリー過多、また交感神経の低下も肥満を招きます。体がアクティブになったとき働く自律神経で交感神経が低下するとエネルギー代謝量が減少します。それで太ってしまいます。心拍数が上がるような運動をすることで交感神経があがり代謝がアップします。太ってる人は汗をよくかきます。自律神経が低下すると体の組織が水分をうまく吸収できなくなるので体の外に水分が出てしまいます。規則正しい生活をしながら運動することで副交感神経をあげていきましょう。腸内環境をよくするためにも1日3回の食事は少なくてもいいのでとっていきましょう。