モバイルサイト

こちらのQRコードから携帯用ホームページのリンクが取得できます。
外出先から当院へアクセスする際にぜひご利用ください。

コラム

食事のとり方

(2012年01月05日)

発熱すると抗生剤と解熱剤で熱を抑えます。発熱は老廃物を燃焼するための反応と考えられているので発熱時体を温めて発汗を促進し老廃物ととともに排出されるビタミンやミネラルを補い熱はほてりを抑える食材をえらびましょう。アツアツの味噌汁にねぎをたっぷりいれるとアリシンという成分が発汗を促進させます。うめぼし2個をアルミホイルで焼き弱火で1時間隙間から煙がでてきたら完成。熱い番茶と一緒にのみましょう。根菜類は解毒作用がありごぼう、大根、さといも、をとりましょう。生姜は発汗解熱作用があるので生姜紅茶や生姜湯で。キュウリには外道区と解熱作用がありレモンと一緒にとりましょう。