モバイルサイト

こちらのQRコードから携帯用ホームページのリンクが取得できます。
外出先から当院へアクセスする際にぜひご利用ください。

コラム

食事のとり方

(2012年01月16日)

アレルギー疾患は卵、そば、牛乳、などの特定食べ物や花粉、だに、ハウスダストなどの物質によって引き起こされます。普段水分をよくとる汗をかかない、腹部が冷たくぽちゃぽちゃ音がする、排尿回数、排便回数がすくないという人はアレルギーをひきおこしやすいと言われています。冷えを改善して代謝をあげましょう。にら、にんにく、ねぎ、たまねぎ、などは抗アレルギー商品、新陳代謝をよくする海藻も効果があります。主食は玄米、無理なら黒ゴマ塩を白米にふりかけたりニンジンや玉ねぎをいれたチャーハンなどで工夫してみましょう。きょべつにはミネラルがたくさんふくまれているのでたくさんとり運動や入浴で汗をかくことも大切です。