モバイルサイト

こちらのQRコードから携帯用ホームページのリンクが取得できます。
外出先から当院へアクセスする際にぜひご利用ください。

コラム

歯周病

(2012年05月16日)

歯周病は細菌とからだの免疫力のバランスが崩れたとき症状がでます。プラークがたくさんついていても免疫力が強いときは歯周病にはなりません。反対に免疫力が低下してるときは炎症が起きてしまいます。これはひとによって異なり年齢などのよっても異なります。普段口呼吸の人は唾液の量が減りお口が乾燥し歯肉の炎症を引き起こします。プラークや歯石はリスクファクターになるので歯医者さんでとって少なくしていきましょう。