モバイルサイト

こちらのQRコードから携帯用ホームページのリンクが取得できます。
外出先から当院へアクセスする際にぜひご利用ください。

コラム

ラクトフェリン

(2012年10月01日)

体内に活性酸素のはっせいさせる因子は大気の汚染物質や食品中の添加物、太陽の紫外線、や飽食を反映した食べ過ぎから体の参加を加速させます。食事でとった食べ物は肝臓でブドウ糖と中性脂肪にかえられ各細胞に送られます。ブドウ糖と中性脂肪が細胞の中の発電所で燃やされエネルギーが生みだされるわけですがエネルギー酸性前は活性酸素がが発生します。たえず食べている人は活性酸素のリスクが高いです。また精神的にストレスをうけると動脈が収縮して血流が悪くなりその後ストレスが和らぐと動脈は弛緩して血流が改善されますがこのとき活性酸素が発生します。